水虫は皮膚科で医師や薬剤師から症状に合うお薬を出してもらおう

医者と看護師

美容や体質改善に

笑顔の看護師

プラセンタは胎盤のことであり、胎盤には多くの栄養が詰まっています。この栄養を、注射やサプリメントなどによって、美容や体質改善に利用する療法が、大阪の皮膚科でも行われています。

View Detail

除去でコンプレックス解消

病院

コンプレックスになってしまっているほくろ等は、美容整形によりほくろ除去をすることが出きます。レーザー治療と、美容外科手術による方法があり、レーザー治療は、手軽に、保険も適用されて施術を受けることができます。

View Detail

しっかり病院で診てもらう

フットケア

水虫になっても、日々の忙しさや、水虫は恥ずかしいという気持ちなどから、なかなか皮膚科を設けている病院へ行けないという人は多いでしょう。市販薬でも水虫に聞く薬はあるので、それでついついすましがちです。しかし、市販薬では、治ったはずの水虫が再発してしまうことがあります。そのため、水虫になったら、皮膚科へ行ってお医者さんにきちっと治してもらうことが、よりよい解決策であるといえるでしょう。

市販薬と皮膚科でもらえる薬には大きな違いがあります。皮膚科で処方される薬には、お医者さんや、薬剤師にしか取り扱うことが認められていない薬も含まれています。また、お医者さんが診断し、その症状によりマッチした薬を選ぶことができるというメリットもあります。更に、健康保険がお薬に適用されることもメリットの一つです。その他にも、お医者さんや薬剤師と対面で病状について相談でき、自分一人で何もわからないまま薬を選んでしまうよりも、より効果的に、水虫に効くお薬を手に入れることができるでしょう。
市販薬は、個人の判断で購入することができ、その手軽さが市販薬にメリットでもあります。お店にいる薬剤師と相談しながら購入することができるのですが、市販であるため、幅広い症状に対応するように、処方箋薬より弱い効能になっています。そうした理由から、市販薬では一度完治したはずの水虫でも、再び発症することが起きてしまうのです。以上の点から、水虫を発症してしまったら、なるべく皮膚科を設けた病院へ行き、より症状に効く薬を処方してもらった方がいいと言えます。

おかしいなと思ったら

ナース

皮膚科で診断する病気は幅広く、一人ひとりにきめ細やかな医療を提供する必要があります。横浜には数多くの皮膚科があるので、子供からお年寄りまで、丁寧な診察をすることができます。

View Detail